よくある質問

土地付き太陽光発電に関するQ&A

投資型土地付き太陽光発電は、「土地」と「太陽光発電システム」がセットで販売されていますので、「太陽光発電で投資をしたいけど、土地がない」という人にぴったりです。自分で土地を用意しなくても太陽光発電への投資を始めることができます。

資産を堅実に運用したい方、節税したい方、老後の安定した収入をお考えの方、投資家の方、エコに貢献したい方等、さまざまな方が土地付き太陽光発電に投資されています。

遠方の物件購入に不安を持つ方もいらっしゃいますが、遠隔監視システムやメンテナンス保証などを付けることで、遠方でも管理することは可能です。

パネルに関する保証、損害に対する補償、損害の際の売電保証等さまざまな保証や保険の制度がございますので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。

土地付き太陽光発電に投資するメリットを当サイト内に掲載しております。ぜひご覧ください。→メリットを知る

太陽光発電システムはCO2を排出しないため、CO2削減に大きく貢献できます。地球温暖化防止から注目されています。

現行の固定価格買取制度は 売電開始から20年間で終了となります。その後の電力買取については 発電事業者と電気事業者との合意によって価格等を決めていくことになります。

曇りの場合の発電量は晴天の1/2〜1/10程度、雨天の場合の発電量は1/5〜1/20程度になります。

Copyright (C) 2017 ホームページ作成のトータルディアネット All Rights Reserved.

PAGE TOP ▲